こんなにあるの?二重に生まれ変われる美容整形


身体への負担がない埋没法

目元というのは、顔全体の第一印象を大きく左右する部分です。したがって、一重まぶたにコンプレックスを感じて、二重まぶたにする美容整形を受ける人は多いです。 一口に二重まぶたの整形といっても色々とありますが、中でもメスを使わない手術法として埋没法が挙げられます。埋没法とは、医療用の糸をまぶたの裏側から挿入して二重に留める施術方法です。一切メスを使わないことから、術後のダウンタイムが少ないことがメリットといえます。また、糸で皮膚を留めるだけなので、仕上がりが気にくわなくてもすぐに元に戻せるので安心です。

幅の広めの二重にしたい方に人気の施術

二重の幅を広くしたいという方におすすめなのが、部分切開法です。これは、上まぶたの二重のラインに3か所ほど5ミリ程度切開してから縫い合わせる整形です。手術を受けてから1ヶ月くらいできれいな二重のラインとなり、傷跡も目立たなくなります。切開して二重に縫い合わせているので、施術後は二度と一重に戻ることがありません。施術から1週間程度は軽い腫れが患部に出ますが、メイクで隠せるレベルなので安心ですよ。

はっきりとした二重にしたい方に人気の施術

全切開法は、はっきりとした二重に仕上げたい方に人気の美容整形です。これは、上まぶたの二重のラインを切開して、余分な脂肪をきれいに排除してから縫い合わせる施術方法です。目の上の脂肪を取り除くことで腫れぼったさを抑え、きれいな二重まぶたに仕上げることができます。施術時間は30分と短時間で終了しますが、施術後は腫れが患部に一週間ほど生じます。そのため、夏休みやゴールデンウィークなど長期休暇前に施術を受けた方が良いでしょう。

フォトフェイシャルは皮膚科で受けることができるシミや毛穴にアプローチする治療方法です。治療後すぐにお化粧することもできます。