治療する前に知っておきたい!根管治療のメリットデメリット


根管治療のメリットとは?

虫歯は酷くなってしまうと抜いてしまうのが一般的ですが、歯は一度抜いてしまうと再び生えてくるということはありません。そこで最近行われるようになってきているのが根管治療です。最新の虫歯治療である根管治療には様々なメリットが考えられますが、その最大のメリットは歯を残して治療をすることが出来るということです。歯を抜いてしまうというのは見た目が悪くなるだけではなく、噛む力そのものが衰えてしまうので日常生活に様々な影響を与えてしまいます。しかし、根管治療であれば歯を失うこと無く虫歯の進行を抑えることが出来るのです。治療の過程で神経を除去することも出来るので、虫歯による痛みも心配せずに治療を受けることが出来ます。

根管治療のデメリットとは?

根管治療は最新の虫歯治療として歯を残したいという人の間で注目されていますが、他の治療法と比べて全くなんのデメリットも無いというわけではありません。根管治療は最新の治療法ならではの問題もあるためです。根管治療によるデメリットは、どんな歯科医院でも行うことが出来る治療法では無いということが挙げられます。そもそも、根管はとても複雑な構造をしているために治療を行うのはとても困難な場所となっています。そのため、根管治療を行う場合には施術を行う医師に高い技量を求められることが多くなっているのです。根管治療を行いたいけれど近場に行ってくれる歯科医院が無く、遠くの歯科医院まで通院しなくてはならないというデメリットも考えることが大切です。

歯科医療において神経を抜くことを根管治療と呼びます。虫歯や怪我等によって歯がダメになってしまった場合にこの治療が施されます。