インナーケア?マッサージ?自分にぴったり合った育毛方法を見つける


生活習慣を見直して体の中からアプローチ

薄毛の原因には様々なものがありますが、生活習慣の乱れもその一つです。過度なダイエットや暴飲暴食で栄養バランスの偏りが生じる、不規則な生活リズムや睡眠不足、タバコの吸い過ぎやお酒の飲み過ぎ、運動不足などがそれにあたります。不摂生な生活を送ることが代謝の低下につながり、頭皮の血流が悪くなって髪の毛が成長しにくくなるというメカニズムです。

髪の毛が育ちやすい頭皮環境に導くためには、生活習慣の見直しが必要です。心がけるべきこととしては、バランスの良い食事を意識してタンパク質やミネラルやビタミンをしっかりと摂る、運動をしたり水分をこまめに補給したりして新陳代謝を高める、質の良い睡眠で成長ホルモンの分泌を促す、禁酒や喫煙などがあります。自律神経のバランスの乱れも薄毛の大敵となりますので、ストレス解消や疲労回復に努めることも大切です。

育毛剤で外側からもアプローチ

生活習慣の改善によるインナーケアだけではなく、育毛剤を用いたマッサージなどの物理的なケアも必要です。頭皮が乾燥してフケが大量に出てしまう、毎日シャンプーをしているのに痒みや臭いが生じる、皮脂の分泌量が多くて頭皮がベタベタしているなどの症状がある場合は、頭皮環境が乱れている証拠ですので、物理的なケアで外側からアプローチするのが効果的です。

乾燥が気になる場合は保湿力に優れた育毛剤を選び、べたつきが気になる場合は皮脂の分泌を抑える作用がある育毛剤を選びましょう。マッサージをしながら育毛剤を馴染ませると、血行が促進されて育毛剤に含まれる有効成分が浸透しやすくなります。頭にはツボがたくさん存在しますので、育毛に良いツボを刺激しながらマッサージするのも有効的です。

育毛とは、薬剤の使用やマッサージ等の刺激を与えることで、既存の自毛をより太く丈夫な髪へと成長させることをいいます。