脱毛方法の違いによるそれぞれの強みやデメリット


自分でやれる脱毛処理

自分で出来る脱毛処理は大まかには3つあります。最もすぐ思い浮かびやすいカミソリで剃る方法で、思い立った時お風呂で気軽にさっと処理できるのがメリットです。しかし刃が直接肌に押し付けられるので肌荒れを起こしやすく、また剃り跡の肌触りもチクチクしやすいですし、目立ちやすいデメリットがあります。次に手軽なのが毛抜で抜くという処理方法です。こちらは剃るのと違って抜いた後はツルツルで処理した所も目立ちにくいのでキレイに仕上がりやすい方法です。しかし無理やり毛を抜き取るのでデリケートな毛穴が損傷しやすく出血を起こす場合がありますし、何よりとても時間がかかる上に抜くときの痛みが強い傾向にあります。

消耗品ではありますが除毛クリームを使う方法はこの中でも特に手早く綺麗になる方法です。クリームを塗ってしばらく置いた後拭き取るだけなので手間や時間が掛からず簡単にでき、それでいて処理後がチクチクするようなこともなくツルツルで綺麗に仕上がります。しかし毛を溶かすほどに強めの薬品ではあるので、人によっては体質が合わずかぶれてしまう事があります。

クリニックなどで受けられる脱毛処理

クリニックで受けられる脱毛の中で特に有名なのはレーザー脱毛でしょう。メラニンの黒色に反応して毛根を破壊するレーザーを照射し永久脱毛することが出来る脱毛方法です。脱毛が済んでしまえば以降は毛の処理に煩わされることなくずっとツルツルの状態を保つことができます。難点としてはまとまった費用がかかることや、体質によって通う回数が前後すること、施術時に痛みを伴うケースがある事などです。しかし先のことを考えるならばたった一時の苦労とも言えるでしょう。

医療脱毛を千葉で行うなら、信頼できる美容クリニックを訪ねることが大切です。事前カウンセリングがしっかり行われ、アフターケアを約束してくれるクリニックであれば、安心して医療脱毛に臨むことができます。